パッセ » 2016 » 6月

 

アプリで楽しく英単語の勉強

  • 投稿者 : wp_sv_860_7664
  • 2016年6月29日 1:10 PM

最近英単語を勉強するアプリにはまっています。

私は、海外のドラマや映画を、英語で聞きながら日本語の字幕で見るのが好きです。

そのほうが、何となく海外らしい雰囲気を味わえるような気がするからです。

そして、部分的に聞き取れるとなんだかうれしくて、字幕にないことがわかったりして楽しいのです。

そうやって、雰囲気だけ楽しんでいたのですが、最近ちょっと欲が出てきて、もう少し長い文章も聞き取れるようになりたいと思うようになりました。

それには単語力が圧倒的に少ないと気が付きました。

それで、英単語の勉強のアプリを探してみました。

見つけたのは、高校受験レベルからTOEICのレベルまで3段階あるアプリです。

私は、学生のころきちんと英単語の暗記をした覚えがないので、高校受験レベルのおさらいから始めることにしました。

ノリのいいアメリカ人風の男性がカウントダウンをして、単語を言って(叫んで?)くれます。

時間制限もあるので集中できます。

覚えた単語の数もわかるし、結構どんどんレベルが上がるのでやりがいもあります。

アプリをちょっと開いてやり始めると意外にどんどん進めてしまいます。

今はまだ、簡単なので速く進むのだとは思いますが、勉強が楽しいなんてなんだかうれしいです。

 

最近はまってる簡単レシピ

  • 投稿者 : wp_sv_860_7664
  • 2016年6月26日 4:07 PM

ピザって、デリバリーで頼むと高いですよね。

でも、自分で生地から作るのは結構手間がかかって、気軽にできる感じじゃなかったりします。

しかも、失敗することもけっこうあるし、手作り生地を一枚一枚焼いていくのって、電気代も時間もけっこうかかるんですよね。

生地を焼いてから、トッピングしてまた焼くことになるので……。

なので、最近、簡単に作れるピザを発案しました。

生地には、ピザ生地じゃなくて、業務スーパーなどで売っている冷凍のトルティーヤ生地を使用します。

そこにピザソースを塗って、アボカドやベーコン、トマトにゆで卵、ピーマンなどお好みの具材をサイコロ状に切ってトッピング。

とろけるチーズをのせて焼くだけ、という、誰にでも技いらずでできちゃう感じのピザです。

かなりクリスピーで薄い生地なので、具をのせすぎると中央部分から破けて来たりします。

軽く、かるーくを心がけて具をのせていくと失敗がありません。

ちなみにトッピングは、アボカド・ベーコン・卵の組み合わせが今一番好きです。

アボカドは美容にもいいし、ついつい何にでも入れてしまうんですよね。

シンプルに薄切りにして、わさびと醤油だけでアボカドのお刺身として食べるのが一番好きですが……。

ともかく、トルティーヤを使ったピザ、おすすめです!

 

レトロの蚊取り線香は、香りと容器を変えてトレンディーに☆

  • 投稿者 : wp_sv_860_7664
  • 2016年6月25日 5:01 PM

あ~夏が来たなと感じる香りがあります。

それは「蚊取り線香」のにおいです。

あの緑色のぐるぐる渦巻きのやつです。

私が幼い頃は、静かにうっすらと白い煙を立たせながら、毎年夏になると家の何か所かで焚かれていました。

そんな話を以前職場でしていたら、「え~ベープじゃないんですね」と言われてしまいましたが、そうなんです、こういうちょっとした話題でジェネレーションギャップを感じることってありますね。

でも当時は蚊を退治してくれる安心感があの香りをかぐと安心することにつながってたのかな~と思うのです。

今でも懐かしくなる心がジンとなる香りなんです。

今は蚊取り線香といえば緑だけではなく、バラの香りのピンクのうずまきのものもありますね。

他にもいろいろなカラーと香りのものも増えています。

あのお馴染みのにわとりのイラストがトレードマークの金鳥の蚊取り線香の缶かん。

ピンクは、なんだかまだ違和感があります(笑)

実はまだトライしてないのですが、今年は自分の‘‘鼻’’で香りを確かめたいと思っています。

せっかく女子色のローズカラーなので、あの味気ない缶のふたを使うのではなく、かわいい蚊取り線香ケースに入れて使ってみたいですね。

蚊取り線香入れも、とてもかわいいデザインのものがたくさん売られていますので、お気に入りのケースに蚊取り目的だけではなく、アロマとしても楽しんでみたいです。

 

素晴らしかったナイル川クルーズ

  • 投稿者 : wp_sv_860_7664
  • 2016年6月24日 4:59 PM

私は結婚するまで旅行会社で働いていたので仕事で旅をし、趣味も旅行という旅行三昧の日々を送っていました。

中でもいくつかの忘れられない旅があります。

その一つはエジプトの船旅です。

個人では中々動き難い国なのでツアーに参加しました。

実は古代エジプト文明や遺跡の類いに全く興味が無いので、遺跡大好きに違いないツアーメンバーから浮かないか?という心配がありました。

では何故エジプト旅行を選んだかと言うと、ナイル川クルーズに何故かとても惹かれたからでした。

ルクソールからアスワンまでを3泊4日で途中の遺跡を見学しながらのクルーズ船は思い出しても夢のような日々でした。

クルーズ船は五つ星クラスで豪華そのもの、部屋はバスタブ付き、バルコニー付きでした。

ベストシーズンの12月に行きましたが南エジプトはまだ暑いので観光は涼しい午前中に済ませる日程になっていました。

観光を終えてクルーズ船に戻ってシャワーを浴びてお昼寝、窓からはのどかな田園風景が広がります。

デッキにあるプールサイドで冷えたレモンジュースを飲みながら憧れのナイル川をのんびりと航行している事に感激する毎日でした。

食事はバイキング形式で種類豊富で味もちゃんと五つ星ホテルのレベルでした。

心配していた遺跡巡りも、ついてくれたエジプト人のガイドさんがユーモアたっぷりにガイディングしてくれたおかげで楽しく観光する事が出来たのは嬉しい誤算でした。

青い空と濃紺のナイル川、川べりにずっと続くナツメヤシの木々、広がるサトウキビ畑にポツリと現れる日干しレンガで作られた家。

どれもが忘れがたい絶景でまたいつか息子を連れてクルーズしたいと願っています。